ピアノが弾けなくてもガレージバンドでそれっぽく作曲をする方法

DTMをはじめるにあたって大事なことは、僕は1つだと思っています。
それは、ソフトを買ってはじめてみること。

「コードのことがわからないから」とか、「音楽理論がわからないから」という理由でDTMをやりたい気持ちを諦めてしまうのはすごくもったいないと思うんです。

だからとりあえずはじめてみて、やりながら勉強していく方が確実に上達が早いんじゃないかと。
やりたいけどできないしなぁ〜なんて僕もずっとやらずにいたんですが、やってみないとはじまらない、ということではじめてみました!

 

ピアノ弾けなくても大丈夫

MacのPCをお持ちなら、最初からGarageBandというDTMソフトが無料でついてきます。
そのソフトには、こんな風に鍵盤とPCのキーボードが対応しているコントローラーがあります。

これ、ミュージックタイピングって画面なんですが、これがピアノが弾けなくても音楽理論がわからなくても、なんとなく曲が作れてしまうんです。

今回は、その方法をご紹介させていただきます。

 

キーの場所で覚える?

こちらの動画で使っている曲。
曲はイマイチですが、コード進行は個人的には好きなんです。

こちらの曲は、PCのキーボードの
・S, F, H, K
・A, D, G, J
の2つのパターンのコードだけでできています。

S, F, H, K でできるコードというのは、Dm7(ディーマイナーセブンス)というコードです。
そして、A, D, G, J でできるコードは、Cmaj7(シーメジャーセブンス)というコードです。
この際コードのことはわからなくてもいいです。笑

 

キーボードのキーの場所を使ってご説明していきます。

S, F, H, K ってキーボードのキーが1つおきにならんでいることにお気づきでしょうか?
A, D, G, J も同様です。

まずは、A, D, G, J のコードからご説明すると…
これはC、すなはち『ド』からはじまる『ドレミファソラシド』の1つ目、3つ目、5つ目、7つ目の音を使っているだけ。
これが、先ほどのCmaj7というコードになります。

 

S, F, H, K のコードの場合は、『ド』からはじまる『ドレミファソラシド』の2つ目、4つ目、6つ目、8つ目の音を使っているだけなんです。
これは先ほどのDm7というコードになります。

 

というように、『ド』からはじまる『ドレミファソラシド』の音、つまりピアノの白鍵だけを使ってできるコードがいくつもあって、それを自分の心地よい純文に並べれば曲のコード進行は作れてしまうんです。

次は、白鍵だけを使ってできるコードについて簡単にご紹介します。

 

Cのダイアトニックコード

このように、ピアノの白鍵だけを押さえてできる代表的なコードは、次の7つです。
・Cmaj7
・Dm7
・Em7
・Fmaj7
・G7
・Am7
・Bm7(b5)

(正確には他にもあるんですけど、特殊なコードだったりするのと、話がややこしくなってしまうので、今回はこの7つだけを使ってご紹介します。)

ちなみに、『ド』からはじまる『ドレミファソラシド』の音だけを使ったこの7つのコードを、『Cのダイアトニックコード』なんて言ったりしますが、名前はどうでもいいので覚えなくても大丈夫です!笑

これらのコードは全て、キーボードのキーを1つおきに押さえればOKです!
なので、手の形は全部同じで押さえる場所だけ変えるだけ。
先ほどご紹介した、Cmaj7 や Dm7 と同じような感じです。

それがわかれば、あとはこれを組み合わせて、いろんな順番でこのコードを押さえてみてください。

きっと好きなコード進行がみつかるはずです。もしかしたら、このコード進行はあの曲に似てる!なんてコード進行が見つかるかもしれません。

 

よくあるコード進行

ダイアトニックコードを使ったコード進行の中でも、耳に残りやすいものや、よく使われるものがいくつもあります。

 

まず、こちら。

Fmaj7 → Em7 → Fmaj7 → Am7

このコード進行はこちらの記事でもご紹介しているものなのですが、ピアノの白鍵だけ、それもキーを1つおきに押さえるだけで大丈夫です!

 

楽器やDTMソフトをお持ちの方は、是非このコード鳴らしてみてください。
DTMソフトで音色を変えて、いろんな音で試してみるのも楽しいかもしれませんね。

他にもいろんなコードが乗ってるので、こちらのwebサイトが参考になります。
ドミナントコード以外のコードもあるので、さらに深く知りたい方にはおすすめかもしれません。

 

最後に

僕は昔ギターをやっていたり、ジャズのベースを弾いたりしているので、なんとなくコードのことはわかるのですが、正直コードの構成音がわかる程度の知識しかありません。

なのでピアノは全く弾けません!

 

ただ、思い切ってDTMをはじめてみて、案外作曲ってできるんだなってことがわかりました。かっこいい曲ができたという自負はありませんが、とりあえず曲を作り上げたという自信にはなります。

あと何より楽しかったです!
やっぱりこれが一番大事じゃないかと思います。

音楽が好きなのと、DTMや作曲にチャレンジしたい気持ちがあれば大丈夫です!是非試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!