電源不要の超小型キーボードKORGのnanoKEY2をamazonで買ったのでレビュー!

今回はKORGのnanoKEY2のご紹介です!

購入に至った経緯

DTMをはじめて、ピアノがあればいいのになぁって思うことが多々ありました…

 

今PCのキーボードが鍵盤にピアノの鍵盤に相当する『ミュージックタイピング』という機能を使ってコードを弾いたり、メロディを打ち込んだりしています。

メロディーを打ち込むとき、PCのキーボードの範囲ってすごく狭いので、あ、もっと高い音弾きたいのに弾けない!というときが結構頻繁に起こるんです。

それを解消したくて、購入しました!
安い割に使い勝手が良くて気に入っているので、今回はちょっとこのKORGのnanoKEY2をご紹介させていただきます!

 

すごく気に入っているところ

主に3つ気に入ってるところがあるので、それを簡単にご紹介します!

 

USB接続のみでOK

電源も電池も必要なくてUSB接続だけでOKなんです!繋いでガレージバンドを開いたらすぐ音が出ます!!
これが何より便利です!!!

特に設定も必要なくて、繋ぐだけ!

あと、さらに気に入ってるのはガレージバンドが起動さえしていれば、他のことをしていても音が出せると言うこと。YouTubeを見ながらでも、この記事を書きながらでも、nanoKEY2の鍵盤を叩けば音が出ます!

Windowsの場合はもしかしたらドライバーをインストールしなきゃいけないかもしれません…

 

ベロシティー対応

ベロシティーはMIDIの音の強弱のことですね。

これ、DTMやってる方ならわかると思うんですが、音量の変化が無いと音色によってはすごくのっぺり聴こえますよね。

特にグランドピアノの音。
全部同じ音量で、全部同じタッチだと、電子音感がすごく出るわけです。

でもこのnanoKEY2は鍵盤を弾く強さの強弱に反応して打ち込みができるので、かなり電子音感を払拭できます。

これを買う前はMacのキーボードで打ち込みをしていたので、何をいれてものっぺりした感じになってしまってたんですよね。
でもこれがあるとそののっぺり感がかなり気にならなくなります!

 

薄いてシンプル

MacBookProのキーボードの厚さとほぼ同じなので、手前においても全く問題ありません。
僕はマウス使ってないので、トラックパッドで操作をしますが、薄いし幅も取らないので邪魔になりません。

また、ボタン等も少なく機能がシンプルなのですぐに使い始められます。

ちなみに横についてるボタンは、
・オクターブを変えるボタン
・サステインボタン
・ピッチベンドのボタン
・モジュレーションボタン

の4種類です。
詳しくは動画の中でご紹介していますので、よければご覧ください!

 

ちょっと気になってるとこ

まぁ安いからしかたないんですが、鍵盤の部分もプラスチックの樹脂でできています。
なので、あまり強く鍵盤を弾くとカチカチ音がなりますね。

まぁ音楽の打ち込みには関係ないので問題はないんですけど、喋りながら動画撮ってたりするとそのカチカチ音は結構気になります…

なんか、ゴムっぽい樹脂の素材とかでできてれば嬉しいんですが、そこは安さと上に挙げた特徴がカバーしてくれてます。

 

最後に

ゆくゆくは、YouTubeでDTMされてるみなさんが使われてるようなキーボードちゃんとしたMIDIキーボードを置きたいなって思ってるんですが、とりあえずは安いものでしのごうと思った次第です。

というのも、撮影用の機材とか、Logic Pro Xとか、オーディオインターフェースも、マイクも欲しいので、そこまで困ってないキーボードに大金を使うのはちょっと気が引けたんですよね。

 

DTMはほんとにマジメにやってきたいんだ!って方はいきなりいい機材買っちゃった方が絶対成長は早いと思います。
いい道具はその人の能力を引き出す、なんて考え方もありますからね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!