ガレージバンドでR&Bにゴリゴリのベースを打ち込みます!【DTM初心者シリーズ#07】

はじめまして、くすみと申します!

DTM初心者がガレージバンドでR&Bの作曲に挑戦します!
今回は動きのあるゴリゴリのベースを入れていきます!

 

 

手動の打ち込みに必須の機能『クオンタイズ』

いつも打ち込みをするとき、ミュージックタイピングという画面をみて音を手動で入力しています。

※これがミュージックタイピングです。PCのキーボードとピアノの鍵盤が連動しているイメージ。

 

手動で入力するとどうしても音がズレてしまうことがあるのですが、そのズレ自動で補正してくれる機能がクオンタイズです。

補正したい音をすべて選択して、左のボタンを押すとクオンタイズ完了!

今まですべてひとつひとつの音を調整していましたが、このクオンタイズという機能を使えば一発!スーパー便利です!
これは是非覚えていただきたい機能です!

1/16 と書かれているのは16分音符の位置で合わせるということです。
細かいフレーズを補正したいときは、1/16 や 1/32 で補正し、もっとシンプルなフレーズの場合は1/4 や 1/8 などで補正すれば良いと思います。

 

まだあまり満足していませんが、一旦シンプルなベースのパターンと、動きのあるベースのパターンを入れてみました。

完璧ではなくてもやりながら良くしていくというやり方なので、ご了承ください!笑

 

次回は…

次回は、アルペジエーターという機能を使って、曲を華やかに彩ってみたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!