ガレージバンドのアルペジエーターが便利すぎる!【DTM初心者シリーズ#08】

はじめまして、くすみと申します!

DTM初心者がガレージバンドでR&Bの作曲に挑戦します!
今回はアルペジエーターを使って、曲を華やかにしていきたいと思います。

アルペジエーター

アルペジエーターとは、和音を自動的に演奏してくれる機能のようで、和音の構成音を順番に演奏していくアルペジオに由来するものと思われます。

今回は、Lush Arp Layers という音色のアルペジエーターを選びました。
ピコピコ感が気に入っています!

 

こちらの記事でご紹介したコード進行の和音を押さえているだけなのでやってることはすごく簡単なのですが、いろんな音をいい感じに演奏してくれるのでスーパー便利です!
上の画像もコードの構成音(1度、3度、5度)のみのです。簡単!

他にもいろんな音色のアルペジエーターがあるみたいなので、是非試してみてください!

 

曲の構成

今はひとつのフレーズしかつくっていないのですが、このフレーズをもとにひとつの曲を作り上げたいと思っています。

今なんとなく考えているのは、ドラムやベースを抜いたり足したりすることで、曲の浮き沈みを表現したいと思っています。

 

イントロ コードのみ 8bars
コードドラムベース 8
コードドラムベース 8
アルペジエータ 8

▼ブレイクダウン
コード アルペジエータ 8
コード アルペジエータ 4

全部 4
全部 8
全部 8 ベースの動き変えたり

▼ブレイクダウン
コード アルペジエータ 8
コード アルペジエータ 4

ドラム入って 4
全部 歌なし 8
全部 8

 

簡単なメモ程度ですが、こんな流れを想定しています。

本当は歌を入れたいんですが、僕は歌えないしまだメロディーも無いし…なので、楽器でメロディーを打ち込んでみようと考えています。

歌のメロディって楽器で弾くと微妙だったりすることもあるので、うまくいくか不安でしかたない。笑

 

次回は…

上の曲の構成の通り、組み立てておきます。
その過程で必要になったこととか、思いついたことがあれば動画にしていきたいと思っています。

恐らく、ベースやドラムのパターンをちょっと変更しないといけない部分があるんじゃないかと予想していますが、やってみないとわかりませんので。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!