3分38秒でEDMのドラムの打ち込みができた!【DTM初心者シリーズ#11】

はじめまして、くすみと申します!

DTM初心者がガレージバンドでEDMの作曲に挑戦します!
今回はとりあえずたった3:38という短い時間でドラムの打ち込みをしました!

実践しながら考える

動画もwebサイトも、実践しながら考えるというコンセプトで運営しています。
なので、とりあえずやってみることが大事!

まだ曲のイメージも固まってないのに作り始めるのって効率悪いし愚かじゃんって思われるかもしれませんが、作り始めてみないと曲のイメージなんていつまで経っても決まりません。
だって初心者ですからね。
頭で考えて曲が作れるほど作曲やDTMの経験もないので仕方ありません!

もし、DTMはじめてみたいけどどうすればいいかわからない…という方がいらっしゃたらDTMソフトを立ち上げるところからはじめてみてください!
ソフトを持ってない方は是非購入してみてください。

 

とりあえず作ってみたものの

いろんなEDMをYouTubeで聴きあさると、キックだけ大きくてスネアやクラップ(手拍子)やハイハットがすごく小さいものがあったりします。
また、クラップが2拍目と4拍目に入っているだけじゃなくて、1〜4全ての拍に入っているものもあります。

ドラムのパターンなんてすぐに変えることができるんだから、曲のイメージを考えながら変更していけばいいと思ってます。
なので、ここから少しずつパターンが変わっていく可能性が高いです!笑

 

ただ、いろんなEDMを聞いていて思うのは、音づくりが難しそうだということです。
GarageBandでどこまで音づくりができるか、というところで曲のかっこよさが決まるような気がしています。
もちろんシンセリードのメロディがかっこよくないといけませんけどね。笑

なので、曲を作っていくときは曲が単調にならないように、ドラムの音数を増やして盛り上げたり、逆に音数を減らしたりすることで、曲のダイナミクスがつけられるように意識したいと思います。

 

要するに課題は3つ。
①音づくりがどこまでできるか
②ドラムのパターンでダイナミクスをつける
③かっこいいメロディーを考える

こんなところかと思います。

かっこいいかどうかは僕の好みで決まってしまうので、僕がかっこいいと思ったらOKです!笑

 

かっこいい曲をつくるためには

かっこいい曲をつくるためにはどうしたらいいでしょうか?
とにかくかっこいいと思える曲をたくさん聞くことが大切だと思います。

YouTubeで世界中のかっこいい曲がいくらでも聞ける時代なので、どんどん聞いて勉強しながら作っていこうと思います!

 

誰しも最初からかっこいい曲を作れるわけではないのです。
プロの人たちはたくさん勉強して、かっこいい曲がなぜかっこいいのかを研究したからこそ、今かっこいい曲が作れるのです。

なので、音楽を楽しみながら勉強をして、どんどん曲を作っていこうと思います。

 

DTMを始めたことがない方もよかったらはじめてみませんか?
是非一緒に楽しみましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。